Menu


小児歯科とは

child_img_1

小児歯科では、指導や治療の内容などは一般歯科とほとんど同じですが、親御さんを相手に歯科指導を行ったり、成長発育に関する情報を提供したりする点が異なります。ほとんどのお子さまは、少なからず歯科医院は「怖い」と感じています。当医院では、そんな気持ちをやわらげ出来るだけリラックスして治療を受けれるよう心掛けています。
一般歯科と比べるとよりコミュニケーションが大切で、当院の小児歯科もお子さまが安心して治療を受けられる環境づくりに励んでいます。

歯の予防

フッ素塗布

child_img_2

フッ素は虫歯に強い歯をつくる性質を持っています。
このフッ素を定期的に歯に塗ることで、歯質を強化します。
歯に直接フッ素を塗るので、市販の歯磨剤よりも効率的にフッ素を取り込むことが出来ます。
お子さまの歯の健康の為にも、ぜひこのフッ素塗布をオススメしたいと思います。

child_img_9

当院では、フッ素塗布(とふ)を無料で行っております。

シーラント

child_img_3

シーラントとは、奥歯の噛む(かむ)面には溝があり、虫歯が出来やすいところにシールをして虫歯を予防する方法のことです。
シーラントは歯を削ることがないため痛みはありません。
ただし、このシールがはがれることもありますので、定期的に検診を受ける必要があります。

銀歯ではなく白い補綴(レジン)を使用した治療

child_img_4

補綴(ほてつ)とは、身体の足りない部分の形態と機能を人工物で補うことを指します。
虫歯治療で銀歯になるのは嫌だけど、セラミックは高いので、保険内でどうにか白く治したいと考える方は多いのではないでしょうか。
白い補綴(レジン)はプラスチックでできていて、保険で白く治せる治療法なのです。実は、小さい虫歯であれば銀歯よりも白い補綴(レジン)のほうが歯を削る量が少ないために体にとっては優しい治療なのです。

キッズルームあります

child_img_5

当院では、小さなお子様が来院しやすい空間作りの一環として、キッズルームを併設しています。
「歯医者さんは怖い」というお子様の心理的な不安を少しでも小さくするために、楽しく過ごしてもらえる空間をご提供します。
キッズルームの効果は科学的にも実証されており、楽しい時間を過ごすことで、心理的なストレスは確実に減少するとされています。
ぜひ、お気軽にご利用ください。

削らない治療(保存治療)

child_img_6

歯の保存治療は、お口の機能(食べる、味わう、話すなど)がスムーズに行われるためにとても大切です。
お子さまが、ご自分の歯で一生を過ごされるのは、とても嬉しいことだと思います。
歯を削ってつめ物やかぶせ物をすると、目や触っただけでは確認出来ない程の小さな小さなすき間から虫歯菌が侵入し再発の要因となります。
これを繰り返す事で最終的には削る歯がなくなり、抜歯になってしまいます。
この様なことから、たいへい歯科ではなるべく削らない治療を心掛けています。
症状がなくても定期的な検診が重要ですので、気軽にご相談ください。

定期検診で健康な歯を作りましょう

child_img_7

お子さま一人ひとりに適した検診日をご提案します。この定期検診は予防の意味合いが強く、治療ではありませんし、もちろん強制もしていません。
たとえ悪いところが見つかっても、当日は治療を進めることはありませんのでご安心ください。
治療するかどうかはお子さまに決めていただいていますので、ご自分の歯を健康にする為にも、ちょっとしたチェックのつもりで気軽に受診していただければと思います。

この度、校医になりました

child_img_8

この度、わたくし院長の小田泰平(おだひろたか)は校医となりました。
今まで以上に、お子さまの身近な存在になれると思っております。
皆さまの身近な歯医者さんを目指していきたいと思います。
歯の病気のこと、気になる症状のことなど、小さなことでもかまわないので、お子さんの歯の健康についてご心配の方は、お気軽にご相談ください。